材料等組成分析(RoHS対応成分分析)

RoHS指令対応の成分分析や材料等の組成分析サービスをご提供致します。

RoHS指令対応成分分析

RoHS指令が2003年の公布から十年、それ以来いろいろな方面で環境問題に非常に敏感になっているものづくりです。また、海外からの輸入品においても品質管理がきちんとなされているかが問題になります。

但し、成分分析を行うには高価な装置が必要。または何処かの分析サービスを行っているところに依頼しても費用が高額に成りがち。

そのような心配に当社では簡易定量分析をお勧めしています。簡易定量分析とはカドミウム、鉛、水銀、全クロム、全臭素の分析になります。RoHS指令に対応していることが当たり前となっている現在、確認のためだけに1物質いくらの精密分析を行うよりも安価に早く分析が出来ます。そこで万一、クロムや臭素が基準値以上に含有されていた場合にターゲットを絞って精密分析をする、といった方法が最適です。当然のことながら確実に六価クロム、PBBs、PBDEsの含有が分かっている場合は精密分析をお勧めします。

また、当社の簡易定量分析即日での対応も行っておりますので急に分析しなくていけなくなった場合でもお気軽にご相談下さい。

 

組成分析

当社ではRoHSに関する分析以外に金属や樹脂材料の組成の分析も行っております。使用している材料やこれから使用しようとしている材料、それに既に完成した製品の材料に疑問を感じた場合、当社にて成分分析を致します。

 

分析機材

2種の分析機器で金属・樹脂の分析を素早く行っております。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

試料にX線を照射して発生する蛍光X線の波長や強度を解析することにより構成する元素の種類や含有量を調べる装置です。

非破壊で固体・液体・粉体などの元素分析が行えるので分野を問わず、幅広い方面で活用が可能です。

その為、RoHS指令に関する使用禁止物質の含有分析に使用されています。

当社ではRoHS分析以外にも成形品の成分分析、不純物混入の際の不純物の特定等々、トラブルの際の原因究明にも使用しております。


フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)

蛍光X線分析装置は主に金属等、無機化合物の成分分析に使用するのに対し、このFTIRは主に有機化合物すなわち化学合成材料(樹脂材料、化学薬品 etc...)の構造推定を行う分析装置です。

 

分析に関する料金はこちらをご覧下さい。